外壁塗装はプロに依頼する|安心安全のマイライフ

Paint the walls

高い防水性

これまでの外壁塗装の歴史とは

house paint

外壁塗装と言えば、リフォームの際に行われる外装を綺麗にし直す作業といったイメージのあったものです。これまでは比較的安価に済ませることも多く、その塗装が剥がれるような状態になれば塗り直すといった形が多かったものです。けれども今では、建物を保護するという大切な役割を持つものとなっています。まずは躯体にとって大敵となる雨水から守るための防水性が高められています。さらにその効果を持続させるために、耐久性が高められています。 外壁塗装における塗料は太陽光による紫外線に弱く、劣化するとともにヒビが発生することになります。そこから雨水が侵入するために、ヒビや剥がれを予防するための耐久性も向上しているわけです。

これからの動向の予測について

住宅には世界的なエネルギー問題の解決につながる役割も求められています。光熱費の削減によって、電力などの消費を抑えるとともに、二酸化炭素の排出をも減らそうというわけです。そのために、外壁塗装でも断熱性を高めることによって、室内が外気の影響を受けにくくなってきています。 冷暖房効率を高めることにより、電気などの消費を減らすというわけですが、それと同時に外壁塗装にその役割を持たせることによって、外断熱と同じ効果を生むことになるわけです。その結果、建物全体を包み込むように保護できることから、長持ちするようになるわけです。このような品質の向上がこれからもさらに続くと見られています。それと同時に、その施工のための塗装技術の向上も求められるようになると見られています。

Copyright © 2015 外壁塗装はプロに依頼する|安心安全のマイライフ All Rights Reserved.